祈りと救い

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
著者 :
amitatomさん その他   読み終わった 

一心に我を忘れて祈ることができれば、利己的な祈りでも叶えられる。しかし、いずれ霊的に成長するよう努力するようになる。神は人間を霊的に成長せしめ、霊界と現世に調和と進化をもたらし、宇宙に平和と繁栄をもたらせようと意図している。

行をしていくうちに次第に自分の観念、思考、感情が浄化されてくる。ここは自力。
行の最後には自分の全てを神様にお任せすることが大切。ここは他力。
するといつか自分の殻がパッと壊れるときが来る。

感情は自己保存の原理と密接な関係を持つのでコントロールは難しい。感情の持つ自己凝縮の力で周囲との協調や愛の行為ができなくなる。
対策は以下の三点
・我を忘れて、結果にとらわれることなく行為する。(超作)
・精神集中、瞑想、三昧を通じて解脱に至る。(行)
・人間の非力を悟り、一切を受け入れ一切を神に任せる。(全託)

レビュー投稿日
2016年5月27日
読了日
-
本棚登録日
2016年5月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『祈りと救い』のレビューをもっとみる

『祈りと救い』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする