花酔い (角川文庫 緑 376-9)

著者 :
  • KADOKAWA (1986年12月1日発売)
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
4

一人の正妻の子、母親の異なる三人の愛人の子。
京都に暮らす歳の近い男女四人の異母兄弟の織り成す複雑な感情。

『仲良し』と綺麗事でいた四人の心の中に誰かに偏る感情が芽生えた時に少しずつ狂い出す様が京言葉や京都の風情と相俟って静謐な狂気としてじわじわと来ました。

青々とした竹林、猛毒の美しい花ジギタリスの群生と鮮やかな色を伴う進み方はやはり作者ならではの美しさ。
読みつつ何度うっとりとしたことか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 赤江瀑
感想投稿日 : 2013年6月8日
読了日 : 2013年6月8日
本棚登録日 : 2013年6月8日

みんなの感想をみる

ツイートする