ロックフェスの社会学:個人化社会における祝祭をめぐって (叢書 現代社会のフロンティア)

著者 :
  • ミネルヴァ書房 (2016年10月30日発売)
3.63
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 77
感想 : 9
4

ロックフェスやライブ・コンサートが社会とともにどのように変化を遂げてきたが書かれていた。
著者のフジロックへの愛がひしひしと伝わってくる本だった。私もフジロックを始め、色々なフェスに参加してきたが、かなり同感する部分が多かった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 単行本
感想投稿日 : 2020年4月17日
読了日 : 2020年4月14日
本棚登録日 : 2020年4月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする