黄色い部屋の謎 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M ル 2-1)

  • 東京創元社 (2008年1月31日発売)
3.33
  • (18)
  • (52)
  • (76)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 549
感想 : 61
4

キリナさんに勧められた本。やっと読めた。
栞をはさまず読んでいて、どこからだったかなとパラパラめくっていたら、犯人は〇〇です!という文字が目に飛び込んで来た。
ミステリではよく聞くけど、ネタバレされてガックリくるっていうの、初めてかも笑
はじめ、ドイルをディスってるのショックだったけど、解説を読むと作者はドイルファンのよう。
好きなものは貶したい派か、、、
ルールタビーユはけっこう鼻につくけど、物語は面白かった。
トリックなかった系密室ミステリ。
相方が弁護士である意味はあまりない気がする。ちょっと影薄いかな。
続編を匂わせているのであるなら読みたい。
屍人荘のときも思ったけど、ミステリってある意味SFより無茶苦茶だよね。
古典なら尚更だけど、むしろそういうところがすき。
ドイルなんかは、ないないないない!ってツッコミながらもホームズかっこいい!ってなるからすごい笑

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 図書館
感想投稿日 : 2018年8月31日
読了日 : 2018年8月31日
本棚登録日 : 2017年11月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする