アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)

4.00
  • (1390)
  • (985)
  • (1174)
  • (69)
  • (20)
本棚登録 : 8996
レビュー : 1027
制作 : Daniel Keyes  小尾 芙佐 
あんどぅさん  未設定  読み終わった 

知性を求める人は多い。知性は高尚なもので、それが手に入れられたらどんなにか幸せだろうと思う人もいるだろう。その願いをかなえたのが、この本の主人公である。彼は誰よりも短時間で、多大な量の知性を手に入れた。しかし、そこにあるのは思い描いていたような単純な幸せだけではなかった。

知性を得るということはそれだけたくさんのものが「見える」ようになるということだ。主人公は今まで見えなかったものをたくさん、目の当たりにする。見えなかったものが見えるという経験。それが幸せだとは限らないなら、私たちが求めていた知性の価値は一体何なのか。そうした問いを与えてくれる一冊です。

レビュー投稿日
2013年10月18日
読了日
-
本棚登録日
2013年10月18日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイ...』のレビューをもっとみる

『アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする