十蘭錬金術 (河出文庫)

4.31
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 10
著者 :
i-CHIHIROさん 2711 久生 十蘭   読み終わった 

海に落ちた知人を甲板から眺める「彼を殺したが・・・・・・」、
パリに住む<先生>に窃盗への参加を持ちかけるロシア人「犂氏の友情」、
互いに相手を思いやりながらも思いがすれ違う戦場の飛行士「勝負」など、
収められた10篇は、恐ろしいほどクールな視点で描かれています。

冷静な視線に加え、
登場人物たちの複雑な、あるいはねじれたともいえる感情の、交差や絡みあいが産む、深い物語性や終盤のサプライズに、限られたページ数でもぐいぐいと引きこまれていきました。

ここに描かれる考えや感情は、私たちのなかの多くもその欠片ほどを持っていても、口に出しかねるような後ろめたさを伴うものが多く登場します。

直感で買い求めた本がアタリだと、してやったり、とひとりドヤ顔になります。
河出文庫の Fine Play に拍手です。

レビュー投稿日
2013年7月27日
読了日
2012年7月2日
本棚登録日
2013年7月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『十蘭錬金術 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『十蘭錬金術 (河出文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする