Down River

著者 :
  • Minotaur Books (2008年9月30日発売)
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 5
4

最後の30ページまであまり乗ってなかったのが正直な感想です。きっと主人公Adamに感情移入できなかったのが原因だと思います。でも最後は前回読んだものと同じく、派手ではないけど、やっぱり謎解きがおもしろかったのと、すごく作者の思い入れを感じたのでちょっと感動しました。

きっとこれは男性の方が読んだほうが感情移入しやすいと思いました。でも、登場人物の性格はみなとても曲がった感じがないと思いました。みなそれぞれに自分の思う道を行っている。いいすぎかもしれませんが、へんなずるさがでてこない。土地柄を表しているのでしょうかね。内容が内容だけにご陽気な性格の人は出てこない。みなむっちゃシリアス。

ネタバレになるので、いえませんが2冊読んで納得したのが、犯人設定の時にやる情報操作ってやつですか?なんといえばよいのか。表現へたですみません。犯人をこの人とにおわせるいろんなトリックが面白かったです。推理物は作者にだまされることではじめて楽しいのだと改めて気づかせてもらいました。

英語はLast Child読んでいるときよりも意味が取りにくいなあと少しだけ思いました。Last Childよりも読むのに時間がかかりました。乗りもよくなかったのもあると思いますが。言葉も例えばsuicidal watchというのが最初?と思って、読んでいるうちに分かりました。

でも、やっぱり人間の業を描いていて、すばらしいなあと思いました。人間は1元的ではない。楽しさも苦しさもすべてを受け入れて自分のなかでそれを大きくしたり、小さくしていきながら生きていくのだというメッセージを感じました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2011年3月7日
読了日 : 2011年3月7日
本棚登録日 : 2011年1月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする