岩波文庫的 月の満ち欠け

3.85
  • (28)
  • (28)
  • (25)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 563
レビュー : 45
著者 :
angelmkさん  未設定  読み終わった 

直木賞の帯と岩波文庫的装丁に惹かれて手に取った。
佐藤正午さんの作品は読んだことがなかった。

内容を3行で伝えるとすると、目新しさがないものだが、立ち読みで初めの数ページを読んだら買わずにはいられなかった。途中でやめられなくて、歩きながら読んだ。

どんなお話ですか?と人に聞かれても説明するのが難しい。伊坂幸太郎さんの解説がとても的を得ていると感じた。説明しづらいが、「読んで良かった」「とても好きな小説だ」「また読み返したい」と思った。

読み終えてから間に挟まっていた、刊行直前筆者インタビュー「なんだこれはバカにしてるのか!」を読んだ。筆者は64歳になられるのか、、、もっと若い方が書いたように思っていました。

読み終えたその足でジュンク堂へ、佐藤正午さんの他の本を2冊買って帰りました。

レビュー投稿日
2019年10月15日
読了日
2019年10月15日
本棚登録日
2019年10月15日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『岩波文庫的 月の満ち欠け』のレビューをもっとみる

『岩波文庫的 月の満ち欠け』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする