ミイラになったブタ―自然界の生きたつながり (やさしい科学)

  • さえら書房
3.45
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 42
感想 : 4
5

一番最初に出てくる話で、
天敵も病原菌もいなくて順調に数を増やしていたシカが、
20年ほどの期間に食料を食べつくして自滅してしまったという逸話が興味深かった。
しかも、そのシカを最初に持ち込んだのは人間。

読書状況:いま読んでる 公開設定:公開
カテゴリ: 児童書
感想投稿日 : 2012年8月8日
本棚登録日 : 2012年8月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする