監獄学園(10) (ヤンマガKCスペシャル)

3.70
  • (14)
  • (32)
  • (30)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 450
レビュー : 8
著者 :
あのヤローさん はしゃぐ   読み終わった 

栗原万里を敵視する表の生徒会長・竹ノ宮ケイトによる厳しい懲罰から会長を助けようとする白木芽衣子だったがイジメられっ子時代のトラウマや会長に土下座させてしまった負い目などから精神的に追い込まれていく。アンドレとガクトが看守となるが他の面々はほぼ出番ナシでギャグ要素が薄まり見ててツライ。投獄されてくれキヨシ。イマイチ好きになれない表生徒会だが小馬鹿にされムッとした表情をみせる別当リサに興味。白木芽衣子の覚醒を促す程の美尻を持つ理事長と、そんな父を慕う小学生の栗原万里(会長)。ここから対立するまでに何があったのか。

レビュー投稿日
2016年1月23日
読了日
2016年1月23日
本棚登録日
2016年1月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『監獄学園(10) (ヤンマガKCスペシャ...』のレビューをもっとみる

『監獄学園(10) (ヤンマガKCスペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする