監獄学園(14) (ヤンマガKCスペシャル)

3.90
  • (15)
  • (37)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 379
レビュー : 12
著者 :
あのヤローさん はしゃぐ   読み終わった 

脱獄宣言で厳重になった監視の目を盗み、外の男子に計画を伝えようとするキヨシと万里の行動を目撃した千代は姉に対する一つの疑念を胸に暴行の咎で入獄する。前巻の感想でもいったけどキヨシはペットボトルをなんだと思ってるんだ。外部男子で頼れるのはガクトだけなのに「ゴザルゴザル小生でゴザル」とか言ってる場合か。会長は男子に対してもだいぶ柔和になってきたけど、外の生徒が相変わらず下衆い。でも勃起目撃後からキヨシをちょっと警戒しだすリサは許す。花に水を開けられていた千代はここぞとばかりにヒロインっぷりを発揮したそうな。「何だその楽しいクイズ!?」

レビュー投稿日
2016年1月23日
読了日
2016年1月23日
本棚登録日
2016年1月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『監獄学園(14) (ヤンマガKCスペシャ...』のレビューをもっとみる

『監獄学園(14) (ヤンマガKCスペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする