GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)

3.69
  • (102)
  • (192)
  • (191)
  • (28)
  • (6)
本棚登録 : 1886
レビュー : 132
著者 :
あんりあるさん 桜庭一樹   読み終わった 

ヴィクトリカと九城一弥が出会うきっかけとなった事件。
アブリルが巻き込まれた紫の本事件。
セシル先生はいつ一弥の好きな色が「金色」だと知ったのか。
セシル先生はなぜ一弥をヴィクトリカのいる大図書館へ
導いたのか。

シリーズを読み進めていくうちに
知りたいと思っていた基本的出来事が
それぞれの物語として詰め込まれていました。

それに加えて、セシルとヴィクトリカの出会いや
花壇迷路の理由も知れてお得感満載の1冊。

一弥の兄たちの愛読書「月間 硬派」を
是非ななめ読みしたい、、w

レビュー投稿日
2018年2月25日
読了日
2011年10月1日
本棚登録日
2018年2月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死...』のレビューをもっとみる

『GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする