(045)病名がつかない「からだの不調」とどうつき合うか (ポプラ新書 つ 2-1)

著者 :
  • ポプラ社 (2014年11月4日発売)
3.24
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 59
感想 : 13
4

病名がつかない体調不良は、原因も特定できず、つらい思いをしている方が多いと聞きます。また、検査結果に異常値はあっても、不調を感じない方もいます。

「自覚症状はあるが検査では異常がでない状態」=東洋医学的未病。
「自覚症状はないが検査では異常がある状態」=西洋医学的未病。

と捉えて、様々な切り口から、病気と未病の境目を考えさせられる一冊。

とりあえず、つけられる病名に対して、医者が確信を持てないこともあるとすると、患者としては、どう捉えればいいのか。痛みや症状の原因は、特定の部位の話なのか、身体全体のバランスの中での課題なのか。

病気・不調について、改めて考えさせられ、特定の疾患ではなく、展開される一冊。納得感あり。誰もが、西洋東洋で区別されない、身体のコンディション不調について、理解につながる一冊でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ダイエット・健康
感想投稿日 : 2015年2月7日
読了日 : 2015年2月7日
本棚登録日 : 2015年2月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする