怪奇小説集 恐怖の窓 (角川文庫)

著者 :
制作 : 日下三蔵 
  • KADOKAWA (2022年4月21日発売)
3.27
  • (0)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 121
感想 : 4

怪奇小説短篇集。怪奇小説と、怪奇にまつわるエッセイを収録。
しかしありがちな怪奇小説ばかりでなく、「え、これって怪奇小説?」と思ってしまいそうなものも収録されています。が、あえて「怪奇小説」という視点で見たときに、一番怖いのはそういう作品なのかもしれない……と思ってしまったのは、「何でもない話」。さらっと読んでしまえば本当に何でもない話なんだけれど、つくづく考えるとこれほど怖いことはないのかもしれません。もちろんこの時代だからこそあった時代背景というものもありはしますが。この怖さに気づかないまま暮らせることは、幸せなのかも。
オーソドックスに怖いのは「爪のない男」。タイトルだけでも不気味なうえに、ぞくっとさせられる結末でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ホラー
感想投稿日 : 2022年7月17日
読了日 : 2022年7月17日
本棚登録日 : 2022年7月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする