怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 星海社 (2012年3月16日発売)
3.67
  • (2)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 9
4

「呪い」をテーマにしたホラー。でもふたを開けてみたらこれはミステリか?
面白半分で作り出した「呪い」がどんどん膨れ上がり、ひとり歩きする恐怖。そしてそれが高まったところで起こったひとつの事件。罪悪感と恐怖にさいなまれる主人公の心理に共感してぞくぞくさせられます。しかし。
明かされた事件の真相はさらに怖い! いやでも現実的に怖いのはやはりこっちの真相かも。「呪い」ってのは、人間が引き起こすものなのですね。
ところで、キーパーソンの彼女は「ひぐらしのなく頃に」の彼女とは別人のようですが。いろいろ重なり合う部分はありますね。もしかすると、別の世界の彼女なのかも?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ホラーミステリ
感想投稿日 : 2012年3月31日
読了日 : 2012年3月31日
本棚登録日 : 2012年3月31日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする