小川未明集 幽霊船―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

3.73
  • (8)
  • (13)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 11
著者 :
制作 : 東 雅夫 
ao-nekoさん ホラー   読み終わった 

怪談短編集。全体的に北国の寒く暗いイメージが漂います。じんわりとした恐怖感が味わえる一冊。
お気に入りはやはり「赤い蝋燭と人魚」。不朽の名作ですねえ。
あとは「過ぎた春の記憶」「僧」も怖かったなあ。なんともいえず嫌な雰囲気が読後もまとわりつくような印象でした。

レビュー投稿日
2014年5月12日
読了日
2014年5月12日
本棚登録日
2014年5月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小川未明集 幽霊船―文豪怪談傑作選 (ち...』のレビューをもっとみる

『小川未明集 幽霊船―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする