怪談実話系 妖 書き下ろし怪談文芸競作集 (文庫ダ・ヴィンチ)

3.75
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 10
ao-nekoさん ホラー   読み終わった 

女性作家たちによる怪談アンソロジー。じわじわとした恐怖感が感じられる一冊です。
お気に入りは小松エメル「或る町の話」。とても短い実話怪談を集めた一編のように見え、それぞれの短い話もそれだけで充分に怖かったり不思議だったりするのですが。それがどんどん連なって現れてくる物語もまた……この町には、住みたくないですね。

レビュー投稿日
2013年4月13日
読了日
2013年4月13日
本棚登録日
2013年4月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『怪談実話系 妖 書き下ろし怪談文芸競作集...』のレビューをもっとみる

『怪談実話系 妖 書き下ろし怪談文芸競作集 (文庫ダ・ヴィンチ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする