皆川博子コレクション2夏至祭の果て

4.31
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 9
著者 :
制作 : 日下三蔵 
ao-nekoさん 小説   読み終わった 

長編「夏至祭の果て」と、短編9編が収録。
「夏至祭の果て」は、キリシタンをテーマにした壮大な物語。この時代背景についてはあまり詳しく知らなかったので、いろんな意味で衝撃でした。キリスト教布教のかげに、これほどの悲惨な事実があっただなんて。そこまでしても信仰を守ろうとする人々の想いは立派と言えば立派なのだけれど、傍から見ればどうしてそこまで、というのも確か。微妙な立ち位置にいる主人公の目線は、そのまま読者のものと重なる気がしました。
短編は時代物が多かったかな。お気に入りは「清元 螢沢」。ほんの短い物語だけれど、美しい情景が目に浮かびました。

レビュー投稿日
2013年7月19日
読了日
2013年7月19日
本棚登録日
2013年7月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『皆川博子コレクション2夏至祭の果て』のレビューをもっとみる

『皆川博子コレクション2夏至祭の果て』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする