陰翳礼讃

著者 :
  • 青空文庫 (2016年8月23日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
5

陰翳の美に関して、最近感じたことの中にこれと通じるものがある気がする。日本の山野というのは、深く草木に覆われているのが常であって、ちょっとの先の風景も見通しづらく、また日が照っているときでもその陰は濃くて暗い。この草木の闇の中に、得体の知れない恐怖や神秘を覚える神経というのは、日本にあっては割と昔から日常的にあったのではないかと思う。

あー、読んでいて「陰翳」の憧れががっちり植えつけられた感じがする。日常的生活空間としては分からないけど、別荘とかなら本格的な日本家屋いいなあ。あと柿の葉寿司食べたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年7月10日
読了日 : 2021年7月10日
本棚登録日 : 2021年7月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする