聖少女 (新潮文庫)

3.76
  • (110)
  • (91)
  • (138)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 1019
レビュー : 128
著者 :
中井イリアさん 900 文学   読み終わった 

倉橋由美子の1965年発表の小説。"暗い旅"、"夢の浮橋"に続いて3作目。本作品は、近親相姦を扱った内容もそうですが、文章、そして文体も含めて雰囲気が独特すぎて、これは合う人と合わない人がはっきり出てくると思います。学生運動の頃の風俗が色濃く反映されているので、どうしても気持ちが追いついていかない部分も多々ありますが、自分は嫌いじゃないです。甘くて美味しい毒薬を飲まされている感じです。自分の立場が変わる毎に読み直したら、その都度、感想が変わりそう。

レビュー投稿日
2014年11月15日
読了日
2014年11月15日
本棚登録日
2014年11月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『聖少女 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『聖少女 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『聖少女 (新潮文庫)』に中井イリアさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする