ひぐらしのなく頃に 第三話 祟殺し編 (下) (星海社文庫 リ 1-6)

著者 :
  • 星海社 (2011年6月10日発売)
3.78
  • (7)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
感想 : 10
4

"ひぐらしのなく頃に 祟殺し編"の下巻。狂気に彩られていても殺人への動機が分かりやすいです。なぜ圭一は"犯人"にならなければならなかったのか。圭一の心情を考えると悲しいです。沙都子にあんな態度を取られたら…。他にみんなが幸せになれるルートは無かったのか。とはいうものの、ここまで"ありえない"ことが頻発すると何が正解で何が不正解なのかわからなくなります。圭一が見ている雛見沢が正常なのか、みんなが言っている雛見沢が正常なのか。もうオヤシロさまの祟りでいいよ。俺如キニ祟リ殺サレルナ?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 900 文学
感想投稿日 : 2013年3月29日
読了日 : 2011年6月15日
本棚登録日 : 2011年6月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする