MW (2) (小学館文庫)

3.86
  • (98)
  • (105)
  • (125)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 826
レビュー : 73
著者 :
水菜ミルクティさん  未設定  読み終わった 

犯罪に理由なんてものは無い。
そんなようなことを、わたしの師のひとりはよく論じているのですけれども、MWを読んでいるとその点について妙に頷かせられますね。
結城は、別に人類を滅亡させるのに理由はない。もうすぐ死に行く自分と心中させたら愉快だ。そんなような動機であれだけのことをしてのけるんです。一見、これはそれこそMWによる異常とみることだってできるのですが、案外MWを吸っていないわたしたちの中に、恐ろしい奇想天外な事件を起こす人も存在するので、あり得ないと一蹴するどころか、まさに有り得る脅威とみなすべきなのかもしれないです。
ところで、話は変わりますが賀来神父が死んだシーンで、結城がはじめて心から(だと思いますが、彼だから演技かもしれないですね)泣いています。その後の展開を考えると、どこまでも救いがないのですが、それだけにこの場面が余計際立っているんです。果たして、結城が賀来を全く本気で好いていたのかは分からず仕舞いですが、やつも取り乱すことがあるんだな、とほくそ笑んでいただければ幸いです。

レビュー投稿日
2013年8月25日
読了日
2013年7月29日
本棚登録日
2013年7月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『MW (2) (小学館文庫)』のレビューをもっとみる

『MW (2) (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『MW (2) (小学館文庫)』に水菜ミルクティさんがつけたタグ

ツイートする