僕は小説が書けない

3.40
  • (23)
  • (74)
  • (104)
  • (25)
  • (2)
本棚登録 : 711
レビュー : 84
あおいさん  未設定  読み終わった 

赤き光が地に沈もうとしていた。やがて夜の帳が翼を広げ、世界を暗い闇の懐の奥深くへと覆い隠していくのだろう。

…厨二炸裂!!
いい年して厨二やら腐の要素をこじらせているわたしにとって、楽しくも突き刺さるお話でした。主人公の生い立ちや体質(?)が中田さんテイストで仄暗く、好みでした。キャラクターとしては、実在したら絶対に関わりたくない御大が、とてもかっこよく一番。また、実在したら殴り倒したい程嫌な男の原田も、なぜかとても好きでした。不思議なもんですね。

中田永一さんは好きで、別名義含めよく読みますが、中村航さんは今回初めて。どこからどこまでをどっちが書いたのか全然わからず、すごいなあって思いました。今度は中村さんの本も読んでみよう。

レビュー投稿日
2015年9月27日
読了日
2015年9月27日
本棚登録日
2015年9月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は小説が書けない』のレビューをもっとみる

『僕は小説が書けない』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする