角運動量とスピン―『量子力学』補巻

3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
著者 :
制作 : 亀淵 迪  小寺 武康  原 康夫 
アオネさん 専門書・物理(量子力学、RQM)   未設定

朝永先生によるテキスト第3弾。内容は角運動量、摂動論、ベクトル空間の3本立て。前2つについて簡単に眺めた程度の感想としては、数学的には非常に平易に書かれています。つまるところは然程無いかと。表記が若干古いけれど気にならないです。難しいのは物理的な説明かと。難しいと言うよりも深いと捉えるべきかもしれません。計算過程で普通ならスルーしてしまうような部分にもしっかり解説が加えられており、おぉ!と唸らされます。角運動量について悩んでいる人にはオススメですね。索引があれば尚良しでした。

レビュー投稿日
2008年10月23日
本棚登録日
2008年10月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『角運動量とスピン―『量子力学』補巻』のレビューをもっとみる

『角運動量とスピン―『量子力学』補巻』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする