蒼穹の昴(2) (講談社文庫)

4.06
  • (569)
  • (461)
  • (436)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 3431
レビュー : 224
著者 :
前太ハハさん 歴史   読み終わった 

同郷で仲の良かった春児と文秀は、それぞれ宦官と官吏という対極の立場に身を置き、更に后派と帝派という2大派閥に分かれてしまいます・・・

2巻では登場人物が更に増え、誰が実在の人物で誰が架空なのかよくわからないので整理したくなり、ちょっと調べてみたら、楊先生が架空の人物だと知ってびっくり!!しかも思いがけず行く末も知ってしまいショックを受けています・・・あぁ、調べなきゃよかった・・・

レビュー投稿日
2012年8月24日
読了日
2011年1月20日
本棚登録日
2012年8月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蒼穹の昴(2) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『蒼穹の昴(2) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『蒼穹の昴(2) (講談社文庫)』に前太ハハさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする