とりあえずマンガで分かるで把握して、詳細が読みたいと思って読んだのだが、マンガで十分だったかも知れない。
とにかく減らす、シンプルにする、何が自分にとって重要かを考える。決める。
結局はそういうことで、それに関するテクニックとかはほとんどなかった。

実際、この本を手に取った理由は、時間に追われ、やりたいことができなくなっているから。で、まぁ、これを実現しようとするとフリーランスで仕事をしている私としては、かなりのリスクを生じるのも事実なので、兼ね合いというかバランスが難しい。

>生活がノイズに満ちてくればくるほど、静かに集中できるスペースがより必要になってくる
これは現実的に実感している。ルーティンだらけになって、考えることを放棄し始める。本も読めず、睡眠時間が削られる。ただただ「作業」をこなすだけ。こんなことでいいわけがない。

物事の本質をつかむ必要性も実感したし、自分という資産を守れという言葉にはドキッとさせられた。自分自身を自分の資産と思ったことがなかったのだ。

結論としては作業は効率化を進め、考える時間を作る。さらに仕事はできる限り一番やりたいことだけにする。年齢的にも、さほど先があるわけではないので、これが自分のこれからには合っているのかもと感じたので、少しずつ実践していきたいと思う。

2019年5月23日

読書状況 読み終わった [2019年5月23日]
カテゴリ 本 - ビジネス

自分にとってやりたいこと、大切なことがあるのに、仕事で拘束される時間が不規則な上、長時間。なんとかできないものか、と思って読んでみた。
基本的には、自分にとって何が大切かを決めて、その大切なものを中心に行動するという考え方は実践したい。

○「どれも大事」ではなく「大事なものはめったにない」
▼フリーランスで仕事をしている身としては、「断る」ということが、「仕事を失う」ということにつながることは大いにある。ため、これを完璧に実践するのは、正直、そう簡単では無いだろうと思う。実践するのにテクニックが必要。

○「全部できる」ではなく、「なんでもできるが、全部はやらない」
▼この考え方の方がいい気がする。ただ、全部はやらない「言い訳」がクライアントに対し必要な気もする。

○やることを減らして、人生をシンプルに
○本質目標に重点を置く
▼この2つはブレストが必要だと感じた。ただ、マンガでは漠然とわかったけれども、じゃあ具体的にどうしたらいいか、まぁブレストする、選択する、捨てるっていうのがそもそもだけれども、特に本質目標などなどに関しては、マンガではなく、ちゃんと本を読んで、腹落ちさせたいと思う。

2019年5月22日

映像表現は正直イマイチ、だけど、ストーリーは悪くなかった。
個人的には最近のデザスタームービーのなかでは好きな方。
ただ、これって原作あるのかな?
何というか主人公たちの気持ち的な部分がさくっと落ちているというか、
原作ものにありがちな物足りなさを感じた。
いつか原作があるか調べて見たい。

2019年5月21日

読書状況 観終わった [2018年4月3日]
カテゴリ 外国映画
タグ

以前見たのを忘れてもう一度見る(途中で気がつく)
読もう読もうと思って読めずにいた児童書の映画版。
人気の児童書だけあって、いろいろな示唆にも飛んでいるし、夢があって私は好き。
U-NEXTで。

2019年5月21日

読書状況 観終わった [2018年4月2日]
カテゴリ 外国映画
タグ

規模が中途半端でリアリティーが非常に薄い。が、ストーリー展開は悪くなく、個人的には嫌いではない。@オンデマンド(満喫)

2019年5月21日

読書状況 観終わった [2018年3月11日]
カテゴリ 外国映画

ヤマもなくオチもありがちでイマイチだった@オンデマンド(満喫)

2019年5月21日

読書状況 観終わった [2018年3月11日]
カテゴリ 外国映画

Unlimitedでレンタルし読了。横書き。
参考になったのは、日記を読み返して抜き書きするという部分。
どうやって応用しようか、考えてみる。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2018年3月14日]

これまた変わったお話。
基本はリアルワールドなのに、全く全容が見えない、もちろんそれが謎なのだけど。
児童書だけに、善悪はとてもはっきりしているが、意外と悪=ダメとはなっていないのが面白い。
どうやらまだ続きがあるのに出ていないらしい・・・しかも原作はイタリア。
先がきになるところ。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2017年5月15日]
カテゴリ 文学・評論

映画にもなりそうな世界観とテンポ良く主人公が生き生きと動き回るのは非常に痛快。
でも星4つなのは、この世界観をもっと知りたいというか、せっかくのこの世界観なのに、なんというか浅いというか、もうちょっといけると思ったから。なんかもったいないと思う部分があったんだなぁ。

つまりはこのマップメイカーの描かれている大崩壊という世界が非常に興味深い、本当に映画にでもしたい、そんな世界観だったりする。
まぁ、もうちょっとというところが描かれていないからこそ、頭の中に映像が浮かび、想像できるのかもしれないが。

大崩壊が終わったわけじゃないし、もしかしたら続編もあるかも?と期待しつつ。。。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2017年5月15日]
カテゴリ 文芸作品

前から人気と知っていた作品をようやく図書館で借りて読む。
御都合主義のところもあるのは否めないが…テンポよくキャラクターがかなり生き生きとしている作品。

これの前のシリーズ、英国パラソル奇談をまずは英語で読んでみようと思い直す。
日本語ので読むのは発掘とオリジナルが英語じゃないもの、日本語のものにしようと改めて思う。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2017年5月15日]
カテゴリ 文芸作品

母親との確執に決着がついたのだが…なんだろう、感情移入できなくなってきた。
メインの話がすごく遠くなってしまって、面白くなくなってきた気がする。
惰性で読み続けそうだが…いまいち。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2017年1月3日]

相変わらず面白いけれど、なんかパワーが落ちた気もする…。
マンネリ?

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2017年1月3日]

相変わらず面白い。
せつなくてはかない、それでいてふわっとしてやさしいお話し。

・仙境にて
まさにこのシリーズらしい話。少し切なくて、でもやさしい。

・おくりもの
サブキャラのグラント先生が出てくる話。この人が出てくると、ちょっぴりコミカルになる。
でもやっぱりシニカルなところもあって、いつもグラント先生は何かに驚かされている。
とぼけていて好きなキャラ。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年4月20日]

自分の思考を言語化するためのツールとして、A4用紙に1分で1ネタのことを書き出そうというもの。

ものすごく新しい考え方ではないが、モーニングページのスピードが下がっていることに気づかされた。

実際やってみたら、1分以内で書くというのは意外と難しい。最初はついのんびりやっていて、たった3行しかかけずにあたふたした。
1分だと、単語を並べるのがせいぜいで、文章を書くこととあるが、なかなかかけない。しばらく実行してみよう。

モーニングページももう少しスピードアップしてみよう。
やりはじめたので、すぐ再読しよう。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年4月21日]

特に簡単にかかれている本だと思った。

●エネルギーにはピンクとグレーがある(と分かりやすく書いている)。
 引き寄せるにはできるだけエネルギーをハッピーにピンクにする必要がある。

●グレーのエネルギーをピンクのエネルギーに変える方法は。
 好きなことを考える。場所・風景、もの、食べ物などについて考える。
 強制的に口角をあげる。

□思わず笑顔になるようなHappyになる写真を持ち歩く
 →todo お気に入りの場所、写真、好きな鳥、犬、本などミニ写真集を手帳に入れてみる
 →todo いらっとした時、ニュートラルの時、口角をあげてみる。

●引き寄せのイメージはレストランでの注文。
 アイスを注文したのにコーヒーが出てくるなんて想像だにしないように、一度注文したら、
 疑わないこと。

●もし執着心が出そうになったら、横にちょっと置く。別のことに集中して行う。

●結果のハードルを下げる。
 もしかしたら引き寄せたものが別の形で引き寄せられているかも?
 寒ブリが食べたい!と思ったとする。寒ブリの写真が引き寄せられるかも。
 だとしても「失敗」とがっかりするのではなく、引き寄せられた!と喜ぶ。
 気持ちが下がると、また負の連鎖。

□→todo いいこと日記を書くときにハードルを下げているので、継続。
 こじつけてもいいから、シンクロと引き寄せは成功している!と喜ぼう。

□→todo 好きな場所、落ち着く場所、自分がここに行くとほっとできるという場所を
 自宅以外に作りたい。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年4月18日]
カテゴリ 人文・思想

もし「イライラ」したら、自分の何が減るからイライラしているのか、今後は考えてみたい。で、実際、本当に減るのかと思ったら、実は減らないことが多いのではないか。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年4月16日]
タグ

昔から「自信がない」という私は「自己肯定感」があまりないのだろうと思ったので、どうしたらこの「自己肯定感」を持てるのかと思い購入。amazonレビューではかなり評判がよかったので期待したのだが…私としてはいまいち。

というのは、この「自己肯定感」を持つためにすること、以下ネタバレになってしまうが、「他人を無条件にリスペクトする」というもの。一般的に、嫌いな相手の「いいところ探し」をして好きになるなどという手法があるが、それではダメで、「相手にも事情があるんだから」と条件付けを外して相手を受け入れるというもの。

これはこれで確かにそうだろうし、納得なのだが……。どうしても苦手な人はいる、というか、相手に悪気はない(と思いたい)けど、嫌味な言い方をされるとか、まぁいろいろ、どうしても合わないというかいやな言い方をされるというか…そんな人がいたとする。こういう人だからと思ってもやはりいやな思いをしてしまうのは、私に「こういう話し方はするべきではない」という思いからだろうか……。

少なくとも理解はできるし、そうなんだろうなぁと思う本ではあるんだけれども、今の今、私が陥っている状況では、この本は最高の解決策にはなってくれなかった。いつかもう少しこの状況から抜け出せたとき、この本を読み直しておぉ!!と思う日がくるかもしれない。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月12日]
タグ

再読。というか途中で読むのをやめていたので改めて。

 かなり前に誰かのブログで「モーニングページ」が良いというのを見てやろうとして、3日どころか1日坊主。ここ3年くらい精神的にどうも参っていて、ここ数か月、あまりにひどかったので、今年に入り「モーニングページ」をぼちぼちと始めた。
 話が散漫になるが、そして先週、数年前に影響を受けた「ポール・マッケンナ」という人の催眠CDを改めて聞き始め、驚くほど落ち着いたため、さらにモーニングページで回復を図ろうと、読むのをやめていたこの本を再読することにした。

 かなりエクササイズが具体的で、毎日モーニングページをやり、週のエクササイズを行うことで前に進むタイプの本だけに、毎日やって週ごとにエクササイズをやるのが一番なのかなぁ思う。以前の私は、そう思って、2章はまた来週!と思って読むのをやめてしまったのだが(汗)

 週ごとのエクササイズまで手を出せるのはもう少しかかってしまいそうだが、とりあえずモーニングページはどんな形であれ続けてみようと思っている今日。さあまた数年後この本を読みたくなる日がくるのか。続刊も出ているようなので、いずれ読んでみたい。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月12日]

Secret of Droonシリーズの2巻目。
秘密の魔法の国Droonから帰り普通の生活を送っていたEric、Julie、Nealの3人だが、Droonに関する「悪夢」をそれぞれ見て、再び、Droonへ。悪い魔法使いLord Sparrを追いお姫様たちとSparrの拠点である火山へ向かう。そんなストーリー。

実はもう数年前、多読を始めたころ、ほぼほぼ最初に読んでいたシリーズなのだが…通っていたSSSの図書館で7巻くらいだったかなぁ、12巻?ちょっと忘れたけれど、最初の数冊以降、欠冊していて止まってしまっていた。改めてKindle版が図書館に入ったので、読み始めてみた。

感想はこんなに簡単だったけ?というか短かったっけ?っていう感じ。90ページくらいなので、あっという間…に読みたいが、やはり英語の本はそれなりに時間がかかる。1時間半〜2時間くらいはかかっちゃっている感じ。

あのころは本当に楽しんだシリーズなのだけど、残念ながら今読むと、こんなにキャラクター薄かったっけ?とか、お話しあっさりしていた?とか。本当に初歩中の初歩だったんだなぁと感じます。これはすぐ飽きちゃうかも? とりあえず3巻も予約中。いつまで続くかな。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月10日]

去年7月に読んだ原書「Escape from Mr. Lemoncello's Library」の日本語版。
おぉ〜!と思って思わず買ってしまいました(笑)

図書館のない町で育った12歳の子供たちが、町にできた図書館で1夜を過ごす…。
目を覚ましてみると脱出ゲームが待ち受けていた!
みたいなお話し。

謎解きがあったりするので、日本語訳はどうするんだろうと思っていましたが、かなり考えられていて、面白く読みました。まぁ原作の方が面白い!と思ってしまったのは仕方がないのかな。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月8日]
カテゴリ 文学・評論

幽霊がみえるジャーナリストが主人公。取材などで関わったことや事件の中で、被害者の姿が見える・・・そんなことから、事件の解明に挑むというストーリー。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月4日]

今回はインディージョーンズみたいだった笑
平賀がとにかく冴えていて、何とも、このシリーズにしては少し変わった内容だったが、私はかなり好み。今後の展開にもまた不穏なところを残しているので、何とも楽しみ。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月31日]

とある町にある私設児童図書館。個性的な館長と司書たち。そしてそこに来る子どもやその親たちを巡るハートフルストーリー。
大好きなシリーズ、気がつけば12巻目になっていました。
12巻目のこの巻は、この図書館に通ってくる子どもたちが通う学校に「学校司書」が来た!キレイで可愛い、そして頑張り屋さんの司書さん。一見いい感じ?に見える中で「学校司書」というものに関する問題点なども書かれている巻に。

「学校の図書館」で思うのは、アメリカの学校の図書館や公共の図書館って、日本に比べて利用率も高くて、使いやすい。外国人向けに図書館の使い方って授業があるくらいで、こんな風に使えば良かったんだ!って思ったこともしばしば。そういう意味だと比較的図書館を多く利用していたと自負する私から見ても、リファレンスとか使いづらいよなぁという印象。
実はこの私設児童図書館がうちの近所にもあったらいいのに!とオトナでも児童書が好きな私は思ってしまう。
もう少し、図書館ってちゃんと利用できたらいいのにと思わせられる一冊でした。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月2日]

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のため空へ飛ぶと…高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけたある秘密、それは「未確認知的生物」だった!?そして地上ではその「かけら」を拾った子どもが…。

この本は勝手な読み方かもしれないが、テーマが深いと感じた。「未確認知的生物」を通して見えるのは、人間の自然破壊。そして「エゴ」。さらに地上で起きる「見方の違い」。
いろいろと考えながらも、非常に面白いので一気に読んでしまう、そんな話。

地上で陰の立役者、宮じいの言葉がものすごく重い。
「間違えたことは間違えたこと。誤魔化そうとすればするほど揺り戻しはひどい」。
もうぐっとくる。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2016年3月6日]
タグ
ツイートする