arasantaさん ソフトカバー   読み終わった 

ゲーム業界を築き上げてきたクリエイターにロングインタビューを行ったものです。名前は聞いたことのない人が多いのですが、作ったゲームの名前を聞けば知ってるものばかり。
「ゲーム制作」って多くの人からは何をやっているのか、何が大変なのか分かりにくいお仕事だと思います。ですが、この本を読んで、強い熱意と使命感で作っているんだなと感動しました。みなさん、若いうちから自由に育ってきてそれがゲーム業界で爆発している感じで。
今のゲームはコミュニケーションツールの側面が強く、流行れぎみでしたが、久しぶりに昔のゲームをやってみたいなぁと素直に思いました。
ボリュームある本ですが(432ページの2段組み)、ぐいぐいと読ませるだけの力がある本でした。

レビュー投稿日
2014年4月21日
読了日
2014年4月21日
本棚登録日
2014年4月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゲームの流儀』のレビューをもっとみる

『ゲームの流儀』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする