ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

3.63
  • (44)
  • (78)
  • (116)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 603
レビュー : 77
argrathさん 本・雑誌   読み終わった 

コントラクトブリッジの得点表が鍵になるというこの話、ブリッジのルールうろ覚えの私でもまあそれなりには楽しめた。途中で登場人物の一人が各人のビッドを精密に説明するところがあるのだけど、私でも読み飛ばしたもんな。巻末の解説に簡単なルール説明があるのだけど、いわゆるtrick-takingを知らないとあの説明ではわからんかも。

でもまあ、コントラクトブリッジを全く知らなくても大筋には影響ない…と言えるかな。スコアシートとかの解釈についてはポアロがある程度説明してくれるし。後半の加速度(というかなんというか)はなかなか。

まあ全く知らない人に最低限の知識を、と考えるなら、重要なのは「抜け番」がある、ということかな。麻雀で、4人でやるのだけど実際のゲームは常に 3人麻雀を打つ、みたいなものかと。そして誰が抜けるかはある程度コントロールできる、というか。

このコントラクトブリッジというやつ、あちらでは「大人がするゲーム」と言えばかなりの定番扱いなんよねえ。まさに日本での麻雀の位置を占めていると言っても過言ではあるまい。私もせっかくだからちゃんと覚えたいと思うのだけど、機会が少ないこともあってなかなか難しいねえ。

もちろんルールを覚えるだけならそれほど難しくもないのだけど、それで一般の相手が出来るかと言えばそうでもないわけで。日本的には「プレステでルールは覚えました」てなレベルの相手と麻雀打つことを想像していただければ。しかもブリッジの場合はルール的に2対2だから、下手なことすると相手に迷惑かけちゃうし。ちゃんと覚えたいなあ、やっぱり。

レビュー投稿日
2019年3月7日
読了日
2005年5月30日
本棚登録日
2019年3月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリス...』のレビューをもっとみる

『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』にargrathさんがつけたタグ

ツイートする