出生外傷

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
ari3apeさん 心理学系   読み終わった 

2度読んでようやく理解できた。

全ての人間が経験するであろう出生時の外傷は原抑圧されていると。

Thはセラピーのなかで母親の代理物に置き換わり、転移という形で表現する。そしてそことの分離の際に、出生外傷と同じような体験にはするなということかな?

出生外傷を反復させないことが強調されていたように思う。出生外傷そのものが偏っているとは思うが面白い観点だと感じる。

レビュー投稿日
2018年11月23日
読了日
2018年11月23日
本棚登録日
2017年4月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『出生外傷』のレビューをもっとみる

『出生外傷』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする