昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか

3.18
  • (3)
  • (11)
  • (18)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 190
レビュー : 29
著者 :
ariadne00さん 図書館   読み終わった 

そういえば、なんで昔話ってたいてい「むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました」って定型文で始まるの?という、わりと誰でも一度は思いそうな疑問を突っ込んでくれている本。おじいさんってなんで「山へ芝刈り」に行ったりするの?とかね。
平安後期とか江戸盛期とか、女性の持参金が多額になる時代なんかに特に、そもそも男女とも結婚できる比率がぐっと下がることとか(英国のヴィクトリア時代を思い出す)、姥捨てとか、老人の社会的地位とか、色々面白い話が載っていた。
現代の日本のように子供より老人のほうがずっと多くなる時代には、どんな話が生まれたり、残っていくんだろうとふと思った。

レビュー投稿日
2018年12月9日
読了日
2016年5月17日
本棚登録日
2018年12月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なの...』のレビューをもっとみる

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』にariadne00さんがつけたタグ

ツイートする