外国人が見た日本-「誤解」と「再発見」の観光150年史 (中公新書)

3.36
  • (3)
  • (6)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 19
著者 :
有井 努 Tsutomu Ariiさん 新書   読み終わった 

これは日本の観光産業の歴史を綴った本です。

明治の開国以来、外資の獲得手段の一つとして
日本へ観光客を呼び込むことは、重要な施策
であることは誰もが想像できると思います。

途中に戦争や関東大震災などの不幸な出来事
で中断はあるものの、戦後最大の中断理由は
「貿易黒字」なのです。

それはバブルの頃でしょうか。内需拡大なんて
叫ばれていた時に、外資をもっと、なんて
言えるわけがないです。

その貿易不均衡が解消された今だからこそ、
観光客を大勢呼び込もうと言える時代になった
のですが、コロナが憎らしいです。

おそらく「貿易黒字」に次ぐ、中断理由として
歴史に残されると思うこのコロナ禍ですが
きっとまた復活することを祈って読むべき
一冊です。

レビュー投稿日
2020年6月4日
読了日
2019年3月10日
本棚登録日
2019年3月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外国人が見た日本-「誤解」と「再発見」の...』のレビューをもっとみる

『外国人が見た日本-「誤解」と「再発見」の観光150年史 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする