天と地と 2 (角川文庫 緑 273-11)

  • KADOKAWA (1986年9月1日発売)
3.16
  • (1)
  • (1)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 4

内容
天文12年(1543)、長尾晴景の家老昭田常陸介は三条の長尾俊景に内通、晴景に反旗をひるがえし、14歳の景虎は春日山城での防戦に初陣を飾った。そして、城を脱出して身を寄せた琵琶島の宇佐美定行の許で、その娘乃美を知った。翌年、景虎は近国の形勢視察のため旅に出、甲州御坂峠で、狩装束で馬をうたせるりりしい若武者を見かけた。24歳の武田晴信、のちの信玄だった。三条勢らとの戦いに連勝する景虎は、毘沙門天を熱烈に信仰、女を近づけず、律僧のような日々を送るが、酒色に溺れる兄晴景は、その名声の高まりにしだいに不快の思いを強めた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年7月9日
読了日 : -
本棚登録日 : 2018年3月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする