黄金拍車〈3〉異次元騎士カズマ (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
  • 角川書店 (1988年8月1日発売)
4.17
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 2

内容(「BOOK」データベースより)
「えっと…和馬クン、あなたが好きです」げっ、全サッカー部員憧れの“ミス東高”からの信じられないラブレター。自慢じゃないけど、今までモテたことないオレに、一生1度の大チャンス。頭に血がのぼり、ドキドキ中、突然襲った大地震―ふうっと、目をあけて、オレはぶっ飛んだ。なんだ、これっ!ローソクに照らし出された紅毛碧眼の顔、顔、顔っ!服装も、部屋のインテリアも、これじやまるで三銃士の世界。左手に肉の焦げる焼印を押され、牢に入れられたオレは、どうなっちゃうんだ。せっかくデート中だったのに!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年3月27日
読了日 : -
本棚登録日 : 2018年3月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする