オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

3.40
  • (101)
  • (258)
  • (504)
  • (57)
  • (14)
本棚登録 : 2159
レビュー : 259
著者 :
ありんこゆういちさん  未設定  読み終わった 

あらすじ
人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まる-。第十回小説すばる新人賞受賞、ユーモア小説の傑作。

レビュー投稿日
2019年11月5日
読了日
-
本棚登録日
2018年3月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする