眠り猫 (新潮文庫)

3.30
  • (12)
  • (32)
  • (92)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 265
レビュー : 40
著者 :
ありんこゆういちさん  未設定  読み終わった 

あらすじ
私立探偵、なのだという。だが村上冴子の眼の前にいるのは、かなり変わった二人組だ。元刑事の"眠り猫"こと仁賀丈太、相棒で元ヤクザの長田勲。人生の裏を見られるかもしれない-。猫のたったひとつの殺し文句で、女優の道を捨てた冴子は探偵助手となった。やがて、暴力団の激しい抗争に飲みこまれる事も知らずに。作家花村万月の名を世に轟かせた、超一級のエンタテインメント。

レビュー投稿日
2019年11月5日
読了日
-
本棚登録日
2018年3月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『眠り猫 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『眠り猫 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする