同潤会代官山アパートメント

3.69
  • (12)
  • (27)
  • (29)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 240
レビュー : 29
著者 :
ありんこゆういちさん  未設定  読み終わった 

ビブリア古書堂は僕にとってはずっと読んでいたいシリーズです。この間スピンオフ出た時も即読みでした。
そして三上延の最新作なのでそりゃあ大期待です。
表紙が軽やかでほんの少しですが漫画っぽさが有るので、雰囲気ものの青春ものかなと思って読んだところ、4世代に渡る重厚な人間ドラマだったので非常に意表を突かれ、そして力強く読み切らせてもらいました。
誰もが若く希望に溢れ、そして悩み、悲しみ、葛藤し、そしていつか次の世代へその座を譲る。これは三上延さんのメインの読者である10代~20代には伝わりにくいテーマかもしれません。しかし人生折返しに来た僕のような世代には各々に感情移入するポイントが有り、お腹の中に重い何かを据え付けられたような焦りを催させる本です。
最後まで読んでプロローグに戻るとき、感じる感情が世代や性別や生き方で変わってくるような気がします。僕はとてもいい本を読んだとしみじみしました。
ライトノベルの作家だからと避けている人が居たら、もったいないので是非読んでみて頂きたいです。

レビュー投稿日
2019年9月15日
読了日
2019年9月15日
本棚登録日
2019年9月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『同潤会代官山アパートメント』のレビューをもっとみる

『同潤会代官山アパートメント』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする