文人悪食 (新潮文庫)

3.85
  • (63)
  • (58)
  • (90)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 586
レビュー : 65
著者 :
有坂汀さん  未設定  読み終わった 

『作家は何を食べて作品を書いてきたのか?』作家における食と作品をの関係をつづった本の第一弾です。どれもみんな個性的な方が多くて圧倒されます。

これと続編である『文人暴食』の二つは札幌にいたころ、ずいぶんと読んだものである。この話は思い出すのも正直つらいのだが当時、僕は本当に食うにも事欠いた生活を送っていたので、せめて想像の中ではたらふくめしを食いたいというほんとうにほんとうに切実な日々が背景にあったというのが実情だが、なるほど、「食と文学」という視点で作家を見ると、これほど奥が深いのかと、この記事を書くために今回また読み返してそう思った。

たとえば、谷崎潤一郎なんかはその見栄えや文体とおりのこってり、ヌラヌラしたものを好んだというし、森鴎外の好物はなんとご飯の上にあんこ入りの饅頭を二つに割って乗せて、その上にお茶をかけて「饅頭茶漬」としてさらさらと食べ、細菌学を専攻した関係から果物にいたるまで「なまもの」は一切口にしなかったそうである。

そのほかにも、種田山頭火の「食と水と酒」の業に近い話や、坂口安吾の「わが工夫せるオジヤ」にまつわる話なんかが面白かったです。機会があれば、ぜひ読んで頂ければと思います。

レビュー投稿日
2011年8月25日
読了日
2011年8月25日
本棚登録日
2011年8月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文人悪食 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『文人悪食 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『文人悪食 (新潮文庫)』に有坂汀さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする