不肖・宮嶋 史上最低の作戦 (文春文庫PLUS 10-3)

著者 :
  • 文藝春秋 (2001年4月10日発売)
3.77
  • (8)
  • (16)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 119
感想 : 9
5

ノルマンディー上陸、北朝鮮潜入、モザンビークPKO突撃!、CIA秘密訓練センター潜入など、日本はおろか世界をまたに駆けて活躍する不肖・宮嶋の獅子奮迅の記録です。

この本を最初に読んだのは大学時代のころの話です。われらが負傷・宮嶋こと宮嶋茂樹カメラマンが日本国内はおろか、世界中の危険地帯を駆け巡ってつづった、壮絶な体験ルポです。国内ルポで彼は自衛隊に従軍し、雪上行軍からレンジャー訓練、地獄の八甲田山も体験。はては、富士山麓のオウム村まで。本当にむちゃくちゃなことを敢行しております。

特に自衛隊の訓練体験の従軍ルポがすさまじくて、硫黄島で夜を明かしたり幹部自衛官のレンジャー訓練に同行して三日三晩不眠不休で山の中を歩くなど、僕たちには想像もつかないことをやっています。僕が読んでいて一番面白かったのは幹部自衛官との街中を行軍訓練をしていて、街中で休憩していたときに一組のカップルがラブホテルに入っていこうとする時に疲労困憊していた宮嶋茂樹が思わず彼らに銃口を向けようとしたのを隣にいた幹部自衛官が 彼の銃に手を置いて首を振り、
「宮嶋さん。私たちがこうして体を張っているからこそ、彼らはああいうところでいいことができるんだよ」
と諭していたときのことがとても印象的でした。

こういうときだからこそ、あえて読んでほしい一冊です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2011年10月20日
読了日 : 2011年10月20日
本棚登録日 : 2010年11月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする