20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

3.92
  • (963)
  • (1222)
  • (762)
  • (181)
  • (33)
本棚登録 : 11351
レビュー : 1167
制作 : Tina Seelig  高遠 裕子 
有坂汀さん  未設定  読み終わった 

NHKで放送されていた人気番組「スタンフォード白熱教室」でおなじみのティナ・シーリグ女史の著作です。シリコンバレーの起業家たちはこういう思考訓練をしているのかという一端を知る良書です。

以前テレビで「スタンフォード白熱教室」が放送されていて、それで興味を持ったので手にとって読んでみることにしました。スタンフォード大学の学生は日ごろからこういう授業を受けているんですね。グーグルやヤフーがこのキャンパスから生まれる理由がなんとなくわかったような気がしました。この本はもともと、二十歳になる息子さんに向けて書かれたのだそうですね。この本の中には、作者のティナ・シーリグが経験した成功や取り返しのつかない失敗に関することも率直に書かれていて、それは大変好感をもてました。

この本には
「ルールは破られるためにある」
「自分で自分に許可を与えよう!」
「問題解決の方法はつねに存在する」
「早く、何度も失敗せよ」
「機が熟すことなどない」
「新しい芽で世界をみつめてみよう」……。

一見センセーショナルな言葉が並びますが、特に「自分で自分に許可を与えよう」という章に関するくだりで、彼女が自分の会社を立ち上げて社長になったり、科学の初心者向けに本を書いてみるというのは誰かに許可されてやったものではなく、自分で、自分に許可をして実行し続けた結果なのだと、よく機が熟すまで待つ、なんてことはささやかれていますけれど、そのまえに自分で動いてこそ、結果はついてくるのだと。そういうことを教わったような気がいたします。

そして、作中に何度かスティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学で行ったスピーチが引用されていて、ここで実際にスタンフォード大学の教授が自身の著書で引用するくらいだから、あそこで話されたことはやはり「真理」だったんだなと改めてその思いが強くなりました。

レビュー投稿日
2011年11月11日
読了日
2011年11月11日
本棚登録日
2011年11月11日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『20歳のときに知っておきたかったこと ス...』のレビューをもっとみる

『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』に有坂汀さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする