リーチ先生

3.92
  • (79)
  • (134)
  • (69)
  • (7)
  • (7)
本棚登録 : 909
レビュー : 128
著者 :
ありが亭めんべいさん  未設定  読み終わった 

バーナードリーチ、名前は知っていたけど一体どのように日本との繋がりがあるのやら この本で知れた♪
私達誰もが知っている著名な日本人がずらずら出てくるので目からウロコがかなり落ちました 笑。
日英の架け橋を目指して単身 日本に渡ったリーチと彼と親交を持つ日本人たち、どちらもが皆 架け橋となって互いの文化を認め拡げる役割を担って行ったことが分かる。とりわけ陶器の里 小石原と小鹿田が大事な舞台になっていて方言も馴染み易い前段、私もたびたび訪れている場所だし。
リーチ先生 となっているタイトルは読みとしてリーチしぇんしぇー と読むのも 好い いい!

レビュー投稿日
2018年3月23日
読了日
2018年3月23日
本棚登録日
2018年3月17日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リーチ先生』のレビューをもっとみる

『リーチ先生』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする