伊勢神宮ひとり歩き

3.57
  • (5)
  • (11)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 10
著者 :
LTさん  未設定  未設定

日本人について考えると必ず出雲大社や伊勢神宮に行き着くのだが、神話というものがどうにもとっつきにくい。この本にもおもいっきり分かりやすく小学生に説明するように神話についての説明が書いてあるのだが、そもそも日本人の起源を真剣に探っている人に対して天照大神とかいきなり言われても肩透かしでしか無い。しかしその神話以前の日本人の起源をたどるとアフリカから様々なルートを通って日本に来たということになるのだが、そのルートもさまざまで入ってきた時代も縄文時代から弥生時代までさまざま。結局共通のルーツをたどるとアフリカにしか行き着かないため意味が無い。日本人のルーツではなく国家のルーツを探ろうとする場合まず国家とはなんなのかという話になるのだが、現代的な国家とか憲法の類は西洋史の上に乗っかっているものだから神話と結びつけにくい。西洋文明の上に乗っかった歴史の中を育ったせいで、極めて日本的なものに対して取っ付きにくくなっているのが現代日本人の特徴なのかもしれない。自分のルーツを探るというよりはすでに死滅した文明の起源をたどる研究者のように探るほうが日本という国家の起源はみえてくるのかもしれない。死滅したと認めてしまっては自分とは関係の無いものになってしまうからそれはそれで意味が無いのだけれど。わら
本の写真はどれも綺麗で一度は行ってみたいと思わせる。想像していたより自然豊かな感じで護国神社?なだけある神々しさを感じさせてくれた。

レビュー投稿日
2012年7月25日
本棚登録日
2012年7月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『伊勢神宮ひとり歩き』のレビューをもっとみる

『伊勢神宮ひとり歩き』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする