ふたつのドイツ国鉄 ―東西分断と長い戦後の物語 (人文知の復興 2)

著者 :
  • NTT出版 (2021年3月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 1
3

読了感のないモヤモヤした感じ。
電車に興味が無いとかなりきつい。

P4-5に「登場する略語一覧」とわざわざ載せるくらい意味不明な単語(たくさん出てくる)が頻出して理解できず、外国人の数も多い。
推理小説よろしく人名も一覧にしてくれないかな。

内容は大まかに理解できるし、終戦後のゴタゴタは知らなかったことなので知識の補完にはおすすめできます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年10月26日
読了日 : 2021年10月22日
本棚登録日 : 2021年10月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする