風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

4.00
  • (1090)
  • (480)
  • (1084)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 4994
レビュー : 322
著者 :
制作 : 山田 章博 
arnyanさん 小説   読み終わった 

再読。三人の立場の違う娘たち、陽子と鈴と祥瓊の話。誰もが三人のうちの誰かの中に自分を見るんじゃないかな。
初読の時は自分は鈴に似ているのかなと思っていたけど、今回は祥瓊の部分も結構あるかもと思ってみたり。

読んでいて結構つらい部分もある。
そしてこのシリーズの前後篇は、割と場面展開は後編なので、前編は辛いまま終わることが多い。
けど、後半に転機があると思えるから読み進められる。
でもやっぱり陽子は好きだ。

この本のあとがきで、前作の延の主従の話が番外編扱いってあってちょっと驚き。
本編と番外編の違いを考えると、やっぱり陽子が来てからの十二国の物語ってことなのかな。

レビュー投稿日
2013年3月19日
読了日
2013年3月19日
本棚登録日
2013年3月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談...』のレビューをもっとみる

『風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』にarnyanさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする