新選組全史―戊辰・箱館編 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (3)
  • (8)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 8
4

・近藤が打首、梟首されたことを知った有馬藤太は、後日実行者の香川敬三に難詰した。この時、香川は「番をするものがいなかったから斬った」と答えたという。
・薩摩有数の人々、有馬、桐野利秋、野津鎮雄・道貫兄弟は、近藤の死を痛んだという。
・近藤の首なし死体は処刑後、近藤の血縁者たちによって、掘り起こして密かに三鷹の龍源寺に運ばれたという定説があるが、別説で、昭和四年に板橋の地元の人たちで処刑場の墓を掘り起こしたところ、首のない骨で、胴体、手足の骨も完全に出土した。茶色く変色した布の切れ端が、少しずつ骨に絡まっていたそうだ。それを丁寧に洗い清めて新しく赤がかった黒茶色のかめに安置して、再び埋葬したという。
・箱館戦争後、最後の新撰組隊士は96人。うち京都以来の古参隊士はわずか13人だった。
・最後まで生き残った元新撰組3番隊組長斎藤一は、維新後、子どもの教育において、新撰組式のスパルタ教育を行なっていたという。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史小説
感想投稿日 : 2012年3月30日
読了日 : 2012年3月24日
本棚登録日 : 2012年3月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする