桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

3.74
  • (222)
  • (157)
  • (373)
  • (19)
  • (5)
本棚登録 : 1600
レビュー : 208
著者 :
あらたさん 小説   読み終わった 

[桜の森…]桜は本来は畏怖の対象だったというグッとくる書き出し。美しさの中にグロテスクが内包された幻想的な怪奇小説。亭主を殺された美女は、殺した山賊を尻に敷き山賊の女を殺させる。都へ移り山に戻り桜の森で鬼となり桜となる。なんとも身勝手な女と欲のままに生きた山賊。なのにどうして儚い物語になるのか。ただ或る桜の森に対して得体の知れない恐怖と耽美を感じる不朽の名作。
[夜長姫…]「好きな物は呪うか殺すか争うかしなければならないのよ。… いま私を殺したように立派な仕事をして・・・」この一文が全て。恐ろしい小説。

レビュー投稿日
2018年6月4日
読了日
2018年6月4日
本棚登録日
2018年6月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)』のレビューをもっとみる

『桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする