怒りの子 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (2004年7月1日発売)
3.42
  • (1)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
3

怒ってる。きっとずっと怒ってるのかもしれない。怒りがエネルギーのようにいろんな形で表れている。お話の中から,力動を感じました。京都弁で話が展開されるところがまたこの本の良いところだと思います。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年12月24日
本棚登録日 : 2007年12月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする