大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

3.84
  • (29)
  • (60)
  • (34)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 500
レビュー : 48
制作 : Raymond Chandler  村上 春樹 
arumi47さん 小説   読み終わった 

名前だけは聞いたことのある私立探偵フィリップ・マーロウ。
村上春樹翻訳ということもあって読んでみました。
読んでいくうちから映像として流れるような文章は初めてですね。
ミステリーだが、アクションが多めでテンポもいい。
何よりマーロウがとてつもなくかっこいい。
容姿の描写はあまりないが、芯の強さを表現する行動がとても真っ直ぐで淀みない。
登場人物のほとんどが裏社会に通じている中、マーロウは通じていても染まらないというか、自分のラインを決めて行動して結果を出している。
女性には嫌われるようだが、それはきっとマーロウが女性の思い通りにはならないからだろう。
それでも惹かれる。
シリーズ制覇したい作品。

レビュー投稿日
2017年1月10日
読了日
2017年1月10日
本棚登録日
2017年1月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)』のレビューをもっとみる

『大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする