「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

4.15
  • (1579)
  • (773)
  • (931)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7857
レビュー : 955
制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
浅葱さん ~2008   読み終わった 

最終巻は始めから壮絶。

ダドリーはツンデレだった。
家を出てから、全く話に出てこないけど、もうダドリーとも上手くやっていけるんじゃないだろうか…。

それからレギュラス。
君はやっぱいい子だった。あれしか出番が無いことが残念でならない。

テディ・ルーピン誕生おめでとう!
結局、名付け後「名付け親になってくれ」の疑問は解決しなかった……。
おそらく後見人みたいなものなのだろうと解釈。

ルーピン夫妻は死体で登場。戦闘シーンが無いからあっけない……。


そして何よりスネイプ先生!!
この壮大な物語は彼の悲恋ストーリーだった。
死に際の一言、胸うちました。松岡さん、素晴らしい訳でした。


兎に角終わってしまったのが淋しくて……。
次巻を待つ楽しみは無くなったけどその後の彼らを想像して楽しもうと思う。

レビュー投稿日
2011年11月22日
読了日
2008年7月26日
本棚登録日
2008年7月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻...』のレビューをもっとみる

『「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)』に浅葱さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

J.K.ローリングの作品一覧

J.K.ローリングの作品ランキング・新刊情報

ツイートする