視線は人を殺すか: 小説論11講 (MINERVA歴史・文化ライブラリー 11)

著者 :
  • ミネルヴァ書房 (2008年1月1日発売)
3.59
  • (6)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 86
感想 : 9
3

文学作品の作中における「視点」がいかなる働きを見せるかを
論じた一冊。
専門用語は分からないけれど、文学作品をこういう「視点」で
見るというのもありだなぁと開眼させてくれました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 勉強・教養・実用
感想投稿日 : 2008年9月6日
読了日 : 2008年9月6日
本棚登録日 : 2008年9月6日

みんなの感想をみる

ツイートする