十牛図を歩む―真の自己への道

著者 :
  • 大法輪閣 (2002年11月1日発売)
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 4
4

「十牛図」とは真の自己を追い求める思索の過程を、
牛を探す牧人の姿に映して十枚の図にまとめたものです。
禅を学ぶ人に対して最初に与えられる基本的なテキストの
一つだとか。

この本では十牛図の一枚一枚を丁寧に読み解いていきます。
描かれた図だけでなく、図に添えられた文(序と頌:じゅ)の
細かな表現にまで言及していました。

読んでいる内にちんぷんかんぷんになりますが、面白かったです。
「自己実現」と口で言うのはたやすくても、実際にはどれほどの
苦悩を伴うのかを垣間見た気がしました。

巻末に収録されているリース・グレーニング『参禅記』もためになります。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 勉強・教養・実用
感想投稿日 : 2009年5月5日
読了日 : 2009年5月5日
本棚登録日 : 2009年5月5日

みんなの感想をみる

ツイートする